賃貸物件から一戸建てに住み替える場合の注意点

賃貸物件から一戸建てに住み替える場合の注意点はローンの額にあります。賃貸物件に住んでいた時は毎月家賃を支払いますが、その家賃の支払いを毎月滞りなく支払っていたとします。住宅を購入する時には住宅ローンを組むのが普通ですが、住宅ローンの支払いが滞ると競売に出されてしまう場合がありますので、住宅を買う以上は確実に支払える額のローンを組むことが大事になってきます。 住宅ローンを組む際の基準になるのは賃貸住宅を借りている時の毎月の家賃ではないでしょうか。例えば、毎月の家賃と駐車場代が8万円だった場合、8万円なら毎月払うことは可能だろうと考える人が少なくないのです。毎月8万円のローンを組むことが可能と考えるのです。しかしながら、家賃と同じ額や家賃に近い額で住宅ローンを組むのは危険です。なぜなら、住宅を購入した後は、毎月のローンだけでなく固定資産税や都市計画税、住宅の修繕費の支払いをしなければならないからです。分譲マンションの場合は毎月のローン以外に賃貸住宅と同じ駐車場代、そして修繕積立金、管理費を毎月支払わなければならないのです。もちろんそれ以外にも様々な修繕費も考えなければなりません。このように考えると、家賃よりも3万円ほど安いローンの支払いにするべきなのです。

Copyright ©All rights reserved.賃貸物件を貸し出しして不動産経営をする.